test


ミツバチ利用の昔と今 1万年にも及ぶミツバチと人との係わり合いと、ミツバチの面白い生態や生産物の利用、天敵との戦い方などを、豊富な写真とイラストで紹介した科学絵本。

松香 光夫著
農文協 2,100円
KUMADA CHIKABO`S
みつばちマーヤの冒険
小学館絵画賞受賞画家・熊田 千佳慕が5年の歳月をかけて完成させた「みつばちマーヤの冒険」の絵本。細部に至るまで丹念に描かれた絵が圧巻。



ワルデマル ボンゼルス原作
熊田 千佳慕 絵
小学館 1,600円
みつばちの家族は
50000びき
5万匹もいるみつばちの家族はどんな暮らしをしているのだろうか。ミツバチの生態を美しい絵とわかりやい文章で綴った児童向けの絵本。大人が読んでも参考になる高度で正確な内容。


大村光良作/金尾恵子絵
文研出版 1,068円
ミツバチのはなし よく知られているようで案外知らないミツバチの生態や、ミツバチが私たちに与えてくれる自然の恵みを、それぞれの専門家がわかりやすく解説した本。



酒井哲夫編著
技報堂出版 1,500円
ミツバチの知恵 4,000匹のミツバチを追跡して、ミツバチコロニーの情報伝達のしくみを解明した書。ミツバチたちは、よく知られている収穫ダンスのほかにも、いろいろな情報手段を持つという。

トーマス・D・シーリー著
長野 敬、松香光夫訳
青土社 3,200円
ミツバチと暮らす四季 都会の生活を捨て山地に移住し、養蜂で生計を立てようとする女性とミツバチの物語。ミツバチがくれた知恵と歓びが全編に香る好著。

スー・ハーベル著
片岡真由美訳
昌文社 2,300円
蜜蜂の生活 『青い鳥』の作家・メーテルリンクが、ミツバチの生態を克明に、かつきらびやかに描いた博物誌。メーテルリンクは「蜜蜂荘」と名付けた南フランスの家に住み、毎日ミツバチの巣に通い続けるほどのミツバチ好きであるという。


モーリス・メーテルリンク著
山下知夫、橋本 綱訳
工作舎 2.200円
蜜蜂職人 ミツバチに魅せられた青年が出会う、そこはかとなく美しい物語。2000年仏ベストセラー、仏・伊で文学賞受賞作。


マクサンス・フェルミーヌ著
田中 倫郎訳
角川書店 1.400円


ハチミツ特効食 ハチミツの驚くべき健康効果を中心に、ミツバチの生態、ハチミツ料理、趣味の養蜂までを、初心者にも解りやすく解説した入門書



渡辺 孝著
祥伝社 NON BOOK 857円
みつばち健康読本 ハチミツやプロポリス、ローヤルゼリー、花粉などのミツバチ生産物について医療効果を科学した本。蜂針治療に関しても取上げている。



東洋医学舎 編
東洋医学舎 1,000円
プロポリス健康読本 2 最新のプロポリス基礎研究成果と西洋医学の専門家による臨床利用と成果などをまとめた本。プロポリスの抽出法も紹介している。



東洋医学舎 編
東洋医学舎 1,000円
はちみつ物語
-食文化と料理法-
長年にわたりハチミツの食文化史と料理法を研究してきた著者の集大成。前半はハチミツや養蜂の歴史、成分と効用などを紹介。後半はハチミツの特性を生かした料理80種や東西の古典に現れるハチミツ菓子を紹介。


清水 美智子著
真珠書院 1,800円

Dr.クロワッサン
ハチミツ美のレシピ70
お菓子からお惣菜までおいしいハチミツ料理のレシピがいっぱい。また、ハチミツを使ったおしゃれなメニューが評判のレストランやカフェの紹介。さらにスポーツ界や芸能界の有名人のハチミツ利用法のインタビュー、外国のハチミツ利用の知恵など、いままで知らなかったハチミツの魅力が発見できる一冊。

マガジンハウス 2005年1月発行
980円(114頁)


ブックガイド2へ