ミツバチ情報。(2015.5.30)

アカシアが二週間以上早く開花しました。開花気温は1617度とされていますから、5月初めに25度を超す異常気象で、アカシアも慌てて咲き急いだのでしょう。いつもなら梅雨入りが先か、アカシアが先かーヤキモキしていたのですがそれが嘘のようです。でもこんなに早く咲いてしまっていいの?一寸気になりますね。内検してみると、先週絞った巣脾にアカシア蜜が大分溜まっています。3群とも3段になり、ミツバチ達もフル稼働です。お天気さえ続けば昨年以上の収穫でしょう。

春の一番搾りを持ってお隣のYさん宅を訪問しました。Yさんのロックガーデンには、我が家のミツバチ達がいつもお邪魔しているので、そのお礼を兼ねています。
今年はYさんがラベンダーの栽培を始めたので、その埰蜜が楽しみです。我が家のミツバチ達の巣箱は、ラベンダー畑の一角にあり(写真で分かるでしょうか、右上に小さく見えます)開花期には独り占めできそうなのでほくそ笑んでいます。
オオスズメバチが活動し始めました。体長5~6センチもある女王蜂が、巣箱のそばのタチヤナギを目指して飛んできます。キツツキが空けた穴から滲み出る樹液が目的で、そこに誘引液を入れたペットボトルを下げておくと、躊躇なく入ってくれます。もう10匹以上退治しました。
アカシアの埰蜜が終わると、増群計画がスタートします。毎年のように増群が上手くいかず結果、越冬に失敗しているので今年は成功させたいですね。
7月と8月に予定されている農薬空中散布の対策も、そろそろして置かなければなりません。昨年試して効果のあった巣門に風を吹き付ける方法で、増群を見込んで6群分を作ります。写真は卓上扇風機の固定台を作っています。ピンクで可愛いリボンのついたキティちゃんタイプは、別に私の好みではありません。値段が安かっただけです。巣門に細かいメッシュの金網を張り、ミツバチ達が外に出られないようにし、騒ぎ出したらスイッチオンします。ミツバチ達は「何だ、今日は風が強いなぁ〜」という感じで諦めます。金網の取り付けが前の晩か朝の3時頃になりますが、まだ巣門の外で涼んでいるいるのが大分いて閉じ込めるのに毎年一苦労します。今年もアカシアの埰蜜後、オオスズメバチ対策、増群計画、農薬散布対策、越冬の準備と続きます。まだまだ気が抜けないけれど楽しみです。

越冬明けの準備ですが…。(2016.2.27)

巣箱を覆っていた雪が溶け、梅の花もつぼみが膨らんできました。陽差しが少し温かくなったので、越冬明けの準備を始めました。

最初に取りかかるのは、昨年保存した空巣脾の点検と選別です。)スムシ対策として冷凍庫に入れたのですが、20数枚しか入りません。
これでは足りないので、昨秋諏訪の養蜂家Aさんから教えて頂いた新しい方法で処理した約30枚を加えます。
Y社のセルタンB401で、希釈液を巣脾に吹き付けると、常温のままでもスムシが付かないというものです。殺虫剤や殺菌剤ではなく、バイオの働きで発生を抑えるのが気に入りました。
さて効果は?今のところスムシの発生は見られません。これがOKになるとスムシ対策がぐーんと楽になります。多少費用がかかっても、これまでの労力を考えると御の字です。

次に枠を組み立て、巣礎を張る作業が残っています。作業小屋は煖房設備なし、長時間の仕事はとても無理なので母屋の方に移動です。
ストーブの前でぬくぬく暖まりながらの作業です。ついでに蜜蠟づくりも一緒にやってしまいました。

次の日(226日)全国的に暖かな陽気となり、4月上旬の気温とか絶好の内検日和です。
内検を始める前にすぐ側のヤナギの木に小鳥の巣箱をかけました。ヤマガラやシジュウカラがよく遊びに来ますが、昨年は作業小屋の軒先にオオルリが巣作りし、雛たちが無事巣立ちました。今年もぜひぜひ来て欲しい!

さて越冬3群のうち2群(A,B)はすでに産卵開始の兆候があり、内部温度は30℃前後になっています。後の1(C)は残念ながら0℃になっていました。C群は越冬入りの前に合同を繰り返したのですが、矢張りこの厳冬期は乗り切れなかったようです。可哀想なことをしました。

 

元気なA,B群の越冬箱の上カバーを外し、上部を覆っているワラを取り除きます。このワラは巣箱からの湿気を防ぐために欠かせません。今回は越冬箱の下半分に建材用の断熱材を入れたのでワラを取り除く作業が楽になりました。

   
次に麻布を外します。隔王版を外すとミツバチ達が待ちかねたようにワーと上がってきます。小さな群れですが、この冬を乗り切った強者達です。女王の健在と貯蜜状態を確認した後、空になった巣脾を引き上げ貯蜜たっぷりの巣脾と糖液を与えて内検終了です。
その日のうちに空の巣箱をバーナーで消毒し、外側をペンキで塗り越冬明けの準備はできましたが…。

次の日天気は一変、吹雪で、たちまち冬景色に戻ってしまいました。開きかけた梅の花も又縮んでしまいそう…富士見の春はまだ先のようです。


渡辺さんの愛蜂情報







001