近況報告。(2007.6.27)
こんばんは、長野の奥原です。ご無沙汰してしまい申し訳ありません。採蜜と社会体育の仕事が重なりバタバタでした。遅ればせながら近況報告をいたします。
今年は例年になく安定した天候に恵まれた上に入梅も遅く皆さんにとってもいいシーズンだったことと思います。雨はほとんど降らず、暖かな日が多かったように思います。しかし、我が家は私の手入れが十分できなく天候の割りには収量はいまいちでした。巣の育成が遅れたため合同を繰り返し最終的に11巣で採蜜を迎えました。2回採蜜しましたが、全部で8斗ほどの収量で糖度は79〜80度でした。1回目は薄い透明な正にアカシア色でしたが2回目の採蜜ではややレモン色という感じでした。2回目のときには近くの子供たちが見学に訪れ、その場で搾ったハチミツをなめて感激していました。周りでは栗の花が咲き始め、初夏を迎えようとしています。昨年栗のミツを搾ったためか、秋まで給餌した割に蜜が乗らなかったので今年はもう終わりです。本日、一部分割を始め来年に向けての準備に入りました。栗の花があるうちに巣盛をさせて来年は新しい巣枠で採蜜しようと思っています。
アカシアに囲まれた蜂場
今年は花付きが良かった アカシアを訪れるミツバチ
アカシア蜜がたっぷり入った貯蜜枠
1度目の採蜜はきれいなアカシア蜜だったが2度目はややレモン色
採蜜を見学に来た子どもたち

近況報告。(2007.10.20)
アカシア伐採後に移動した仮蜂場
今年も越冬の時期が近づいてきました。今年は栗ミツを搾らなかったことや例年よりミツに恵まれたことで給餌は少なくてすみました。しかし、気になることは巣枠の貯ミツが結晶していることです。写真のような感じで全てというわけではないのですが一部の巣の1、2枚がこのようになっています。ブドウ糖が多いということなのでしょうか。あまり結晶が多い巣枠ははずして別の蜜枠と入れ替えました。とりあえず暖かい季節にあたえようと思っていますが、適切な対処法がよく分かりませんので教えてください。
結晶した貯蜜
また10月の最初に近くの高校でミツバチ飼育を紹介する機会がありました。高校生と一般の方、20名ほどに私のつたない話を聞いていただきました。前半は蜂蜜の味見をしてもらいながら実際にどのようなことをしているかをスクリーンで紹介しました。後半は実際の巣箱を見てもらいました。女王を、ミツバチダンスを見つけたときに歓声が上がりました。確かに一般の方は普段見ることができないものなのでこれだけでも十分感激してもらえたようです。ヘルメットをかぶってきた参加者もいて、思わず笑ってしまいました。一般の人にとってはハチというのは相当怖い存在なのかもしれません。全部で2時間ほどでしたがこちらもいい勉強の機会を与えていただき有難かったです。
もうすぐ越冬準備に入ることになると思います。今年はいいシーズンが過ごせたこと感謝したいと思います。
ミツバチ飼育の実際をスクリーンを使って紹介
熱心に巣枠を観察したり、女王を見つけて歓声をあげる参加者たち

近況報告。(2008.6.22)
ご無沙汰してしまい申し訳ありません。今年の採蜜が終わりましたので報告します。
私の家では今年は厳しい年になりました。ハチミツの質はよかったですが量が昨年の半分ほどになってしまいました。20巣で越冬しましたが、春、途中で増群が不十分だったり、合同をしたりで採蜜のときは12巣になりました。12巣はいずれも2段〜3段になりました。
しかし、ここではアカシアが咲いた頃に昨年より20日も早く入梅となり、雨が続き、気温も上がらずでアカシアの蜜はたくさん収穫できませんでした。そしてアカシアの花が散った頃に晴れた日が続くようになりました。(はあ〜なんとも皮肉・・・)半分はアカシア林で採蜜できましたが、残りの半分は糖度が不十分だったためキウイ畑に移動して糖度が乗るのを待って搾りました。
まあ、相手が自然のことなのでこういう年があっても仕方ないと考えるようにしています。みなさんのところはどうだったでしょうか?また来年に向けて頑張っていくつもりです。うちも巣が古くなってきましたので来年に向けて巣盛をさせようと思います。
以上、今年の採蜜の報告でした。今後ともよろしくお願いします。
アカシア林の巣箱 キウイ畑の巣箱
質はよかったものの量は昨年の半分ほどだった

先日、朝8時から突然の分蜂が起こりました。ちょうど朝食を食べた頃でした。雨かな?というような音がして外に出てびっくり。分蜂が始まっていました。こんな時間にも分蜂するとは驚きました。雨かと思った音は飛び交う蜂の羽音でした。私は急いで出かけなくてはならなく、親父にすべてを任せました。帰ってから見るとなんとか分蜂した群をつかまえることができたようです。

雨が降るような羽音をさせて飛び交う分蜂群
近くの松の木に蜂球を作る分蜂群

奥原さんの愛蜂情報