今年初めての給餌をしました (2003.3.6)
3月に入り、ようやく今年初めての給餌をしました。今まで、暖かい日になかなか時間がとれず、今ごろになってしまいました。初給餌の日もあまり時間がなかったので1箱だけ内検して、他の巣箱はざっと見ただけで給餌しました。内検した巣は、すでに産卵が始まっていて、真ん中の方は蛹になっていました。女王の存在は確かめられないままでしたが、産卵していたので健在だと思います。昨年クマにやられてハチの数が十分でない巣があったので心配していましたが、なんとか無事に越冬できたようで一安心しています。中にはハチの数が少なくて今後が心配な巣もありましたが、一応全ての巣にハチがいたのでホッとしています。ただ、採蜜を考えると、合同などをしなくてはならない巣もありそうです。もうしばらくは様子を見たいと思っています。
給餌のほかにも、菜の花に肥料をまくなど、春の準備も少しずつ進めています。今年は桜も早いということなので春が楽しみです。巣枠も少しずつ組み立てています。昨年クマに壊された分も補充しなくてはいけません。やることがたくさんありながら時間がとれないでいますが、少しずつ進めたいと思っているところです。近況報告でした。皆さん、今シーズンもよろしくお願いします。
3月になりようやく蜂場の雪も消えた 昨春搾った蜜を薄めて初給餌

1群越冬に失敗しました (2003.3.25)
その後の様子を報告させていただきます。今年は3月になって何度か雪が降り春の訪れが遅いと心配していましたが、そんな信州にも確実に春が近づいているようです。暖かかった先日、ハチの様子を見に行きました。
前回、ハチの数がすごく少なく心配な巣があったのでずっと気になっていました。その時は時間がなく、ほとんど内検せずに給餌だけしただけでしたのでハチの様子もしっかり見られず、できるだけ早いうちに見に来ようと思っていたのです。ところが寒かったり、雪が降ったりでもう3週間も過ぎてしまいました。
恐る恐るふたを開けると、心配していた通りの最悪の状態でした。給餌したミツもほとんど減っていませんでした。わずかに残っているように見えたミツバチも巣脾を持ち上げてみると全部死んだままかたまっていたのです。やはり昨年のうちに数が少ない状態を見て合同させるべきだったという事をそのときになって後悔しました。
まだまだ経験が少ないためにどの程度なら越冬できるのかよくわかっていません。昨年の記録を見返すと4つの巣に「弱」という記録がありました。その中でも最も心配していた巣でした。ミツバチたちには本当に申し訳ないことをしてしまいました。それ以外の巣は一応ミツバチは活動しておりましたので一安心ですが、ハチの数が少ない巣もあり、今後がまだまだ心配です。様子を見ながら給餌などしていこうと思います。どこに花があるのか花粉をつけて帰って来るミツバチを見て、春をあらためて実感しています。
貴重なミツバチを失いましたが、川村さんや渡辺さんはじめ、皆さんも本当に苦境の中から立ち上がっているように自分も頑張っていこうと思っています。こういうときにミツバチフリークの方々の情報がとても有り難く思います。皆さん、これからもいろいろよろしくお願いします。
1群は越冬に失敗して全滅 巣脾にはミツバチの死骸が…

女王がいない! (2003.4.1)
昨日内検した時に1つの巣に女王が見つからない巣がありました。見間違いであってほしいと今日再び内検しました。よく見ても女王は見つからず、産卵もありません。変成王台をいくつか作り始めていますが、とてもかわいそうに思えてなりません。働蜂産卵するしかないのに一生懸命王台を作ろうとするのはなんとも哀れです。
ハチの数は多いほうですが、今の時期に女王がいないなどということはあるのでしょうか?今から他の巣から産卵した巣脾を入れても意味あるでしょうか?この辺のアカシアの開花は5月下旬ころ(昨年は5月中旬)ですので間に合わないですよね?他の巣へ合同すべきでしょうか。判断しかねています。読者の方やフリークの皆様から、よきアドバイスをいただければと思います。
やはりいろいろな問題が次々に起こりますが、ひとつひとつ勉強と思っています。よろしくお願いします。
  

合同しました (2003.4.6)
その後の報告です。結局、女王がいない巣は合同しました。
地元で「今の時期では女王がうまれたとしても気温が低いので交尾できない」という話を聞き「なるほど」と思いすぐに合同した次第です。交尾するための気温とは最低どれくらいなのかお分かりでしたらお教えください。
これで巣の数は9つになりました。あとはしばらくは大丈夫と思いますが、ハチの数が順調に増えないときはまた合同しようと思います。去年の経験からハチの数が少ないと本当に蜜が集められないことを学びました。巣の数が減るのは残念ですが、ハチの数がそれ以上に大切ですね。
合同した時にダニがいたので今日はダニ殺虫剤をボール紙にしみこませて巣に入れて来ました。
少しずつ菜の花のつぼみも膨らんできました。肥料不足であまりいい花は期待できそうにないですが、それでも黄色一面になることが楽しみです。
合同した巣の写真。2〜3枚ずつに分けてハチの数が少ない巣に入れました。
少し前に全滅した巣の巣脾です。カビが生えてしまいました。

奥原さんの愛蜂情報