今年もよろしく〜 (2007.1.20)
椿の花が満開、梅ももう少しで咲き始めます。
ご無沙汰しています。年が明け今年の蜂飼いスケジュールを昨年の反省を元にあれこれ考えながら毎日?を過ごしています(笑)
さて、こちら宮崎は昨年末から現在までのところ、暖冬の影響で特に寒い日はありません。そのため蜂たちもほとんど毎日のように活動し、花粉を集めたりしています。おそらく産卵も続いているのかなと思います。もうすぐ梅が開花する時期を迎えますが、このまま順調に行けば春先の増勢が期待できそうです。もちろん油断は禁物なので、今日は遅ればせながら、巣箱に黒のポリ袋を巻いて防寒対策をしておきました。
黒のビニール袋で防寒対策を施す。
また昨日は、今年とても楽しみにしている日本蜜蜂の蜂場の整備をしてきました。昨年移し変えた群は順調に伸びているようです。まだ1群だけの蜂場ですが、癒しの場所になりました (^^/
それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します。
日本蜜蜂の蜂場整備を実施。

何かと忙しくなりました〜 (2007.3.24)
こんにちは、何かと忙しく過ごしていたら3月も残りわずかになってしまいましたね(^^;; この間、暇を見ては蜂の手入れをしていました。と言うよりこちらがメインになっていた気もします(笑) さて、遅れていた宮崎の桜(ソメイヨシノ)、開花はもうすぐのようです。洋蜂、和蜂、ともに順調に増勢しています。
洋蜂は3月11日に継箱を上げました。雄蜂の切り取りや女王の羽切もしておきました。ただこの頃から寒の戻りとなり、若干の蜜切れや、巣門周りの死蜂が目に付きました。現在は、暖かくなり給餌もしておいたので、活発に活動しています。これからは、分封に注意しながら、採蜜時期に合わせて行きたいと思います。
和蜂の方は逆に分封を楽しみにしています。ただ、蜂場(みつばちの森)では分封群の取り逃がしが心配なので、現在、貴重な1群を自宅に持ち帰っています。きょう内検したところ王椀らしきものが出来ていました。新しく据えた場所にはイモグスの木があり、枝に分封群がとまることを期待して古竹と桜の皮で細工をしておきました。蜂場の方には、掃除して、蜜蝋を塗り直した待ち箱を据え直し、花芽の出ているキンリョウヘンを一鉢置いてきました。以上、近況報告でした。それでは、また。
和蜂の蜂場「みつばちの森」
みつばちの森から自宅へ移動
分封群捕獲対策
日本蜂の王椀

高木さんの愛蜂情報