分蜂群捕獲! (2003.4.7)
こんにちは〜〜 菜種梅雨から一転して、気持ちの良い晴天が続いています。
昨日の朝、蜂場の前のビワの木のそばで蜂音がするので見上げると、枝にたくさんの蜂が止まっていました。さっそく捕まえて1群が増えたことになるのですが、旧女王の羽は切っていたのに、なんででしょう?
何はともあれ、そろそろ掃除蜜を採って、ミカンの花に備えないと〜〜 それでは、また。
ビワの木に分蜂群を発見!
分蜂は雨が続いた後の気温が高い晴天の日に発生することが多い
さっそく収容作業を開始 脚立の上に巣箱を置き、蜂群が入るのを待つ

分離器の修理が済みました (2003.4.9)
こんにちは〜〜 倉庫の片隅から出てきた古い分離器を譲り受けて、修理に出していたものが出来上がりました(^^; 歯車などは問題ないので、穴の開いたブリキだけをステンレスに変えました。新品の3分の1くらいで済みました。蜜濾しは炊事場にあったもので済ませます〜〜(^^;
なお、先日の分封群!? には女王がいなかったのかなんなのか良くわかりませんが、いないので別な群の新女王のいる巣枠をいれています。本や理屈ではなかなか分かりませんね〜〜 いろいろと経験する中で分かることのほうが多いのでしょうね!
地区の花祭りで、酔った養蜂の師匠から、分封する頃には巣箱に耳を当てて女王の鳴き声が分かるようにならないとダメだといわれました。う〜ん、奥が深いですね!
倉庫に眠っていた古い分離器がピカピカになって甦った。これで採蜜の準備は万全! 蜜濾器は炊事用具で代用することにした

初めての採蜜 (2003.4.20)
こんにちは〜 今朝、早く目が覚めたのでそろそろ掃除蜜でも採ろうかと思い立ちました。さっそく、分離器をすえつけ、綿布、薫煙器、蜂ブラシを用意して蜂場へ。継ぎ箱から蜜のたまった枠を抜き取りブラシで蜂を払って分離器にかけました〜〜
初めての採蜜!回転させると、内側に蜜が飛び散り、底にたまっていきます。これで、養蜂の大まかな作業は体験したことになります。やっぱりうれしいですね!(^^/
ただ、今回は手と腹を10箇所近く刺されてしまいました〜〜油断でした。蜂も採られまいとして一生懸命なんですから〜〜少し、なめてかかったのいけませんでした。きちんとした装備でやらないといけませんね。良い教訓にもなりました〜(笑)
養蜂家が最もワクワクする採蜜作業 初めて採れたハチミツ

高木さんの愛蜂情報