日本ミツバチの蜜をゲット! (2003.11.4)
木の葉が色づき、秋も深まってきましたね。
趣味の蜂捕りもそろそろ終わりです。今年は、春以降の天候不順がひびいて数も少なく、あまり満足のいく年ではありませんでした。それでも、ことし最後の蜂捕り遠征では大きなおまけがあり、大満足!数ヶ所で見つけていた日本蜂の巣の一つに、30〜40キロほどの大物がありました。体を蜜でベトベトニしながら、捕った巣には2、3年ものの蜜がたっぷりと貯えられていました。きょう、仲間と分けて持ち帰った巣を、ざると布で濾しました。濃厚な味と色合いはさすがに天然物ですね!ラベルに”地みつ”と印刷しました。食べるのが惜しいようなハチミツです(笑)
写真は日本蜂の巣(左)とオオスズメバチの巣(右)。山の中で蜂捕りをしてるとお墓などで日本蜂の巣をよく見つけます(笑)。暑さ寒さが凌げ、蜂たちには最高の住処ですね。今回、採った巣は人が入れるくらいの空間があり腰まで体を突っ込んで採ったので、頭から蜜でベタベタでした(笑)。大きさは大きいところで1メートルくらいで、枚数は、12、3枚くらいでしたでしょうか〜〜。蜂児と花粉が少し入ってただけで、残りはすべてたっぷりの蜜でした。
食べるのが惜しいくらい見事な日本蜂のハチミツ

あけましておめでとうございます〜(^^/ (2004.1.6)
こちらは暖かな新年を迎えて、蜂たちの中にはまだ花粉をつけてくるのもいます。ビートピアのトップをまねて巣箱に祝いの飾りをつけて写真を撮りました。今年も良い年になりますように。
注連飾りをつけて一年の無事を祈る 今年のお正月は暖かくて穏やかでした

活動開始!〜 (2004.2.8)
寒い寒いと言ってるうちにもう2月になりました(^^/ でもまだまだ寒いですよね(笑) 確かこの冬は暖冬とか言ってなかったでしょうか??
さて蜂たちも暖かな日には勢いよく巣門から飛び出て行きます。でも肝心の餌がありません〜〜いつもの年なら満開のうちの梅もまだ固い蕾のままです。しかたなく、小さな花(イヌノフグリ)などから餌を集めていました。
早く梅の花や菜の花がたくさん咲き、桜の花が満開の頃には強群に育てたいものです。
春を待ちわびた蜂たちが勢い良く飛び出してくる
今年は梅の開花が遅れ、仕方なく蜂たちはイヌフグリの花を訪れている

蜂場作りに行ってきました〜 (2004.2.14)
今日、2月14日に春一番が吹きました〜〜かなりの強風で、カボチャやジャガイモのマルチなどがはがされていました。なんとも迷惑な風ですが、いよいよ本格的な春になりそうです。
自宅から車で1時間ほどの山間部に有機野菜を栽培している知り合いがいますが、回りの田んぼにレンゲが多いことを昨年知りました。それで今日は、畑の一部を借りて蜂場を作ってきました(^^/ 養蜂業者もいない地域みたいなので、4群ほど置かせてもらいます。うまくレンゲ蜜が採れるかいまから楽しみです!
現在、4群ありますが昨日、内険したところ順調に産卵していました。働き蜂も、たくさんの花粉を集めてくるようになりました。

高木さんの愛蜂情報